健康保険 被扶養者について

被扶養者となるための生計維持関係について

夫がサラリーマンで妻がパートで働くというのは、よくあるケースです。
ここでよく問題になるのが、パートで働く妻が健康保険の被扶養者となるかどうかです。
以下では、パートで働く妻が被扶養者となるための条件について述べます。
まず、年収が130万円未満となっています。
年収130万円未満に抑えようとする妻が多いのはこのためです。
そして、妻の年収が夫の年収の2分の1未満である事が必要とされています。
但し、実際の認定基準は画一的なものではないです。
妻の年収が夫の年収の2分の1を超えていたとしても、家計の実態や社会通念などを勘案し、被扶養者と認められる事もあります。
また、被扶養者が60歳以上であったり障害者であったりする場合は、130万円未満ではなく180万円未満となっています。

Copyright(c) 健康保険 被扶養者 All Rights Reserved.