前へ
次へ

日本の独自による鍼灸治療の特徴とは

日本の鍼灸治療は、中国から伝わり、日本で独自に発展してきた経緯があります。その中でも、鍼管と呼ばれる発明は、細かな細径の刺入を可能とし、軽微の刺激によって痛みを生じない技術が開発されたのです。中国から伝わった鍼灸治療は、目で見て確認しながら施術を行うのが一般的でした。日本では、触って刺す内容が普及し、より特定の場所が選定できるようにもなりました。そのため、盲目の方が行えるようになり、従来は盲目の方が多く携わっていたのです。戦前では、鍼灸治療を含めた東洋医学が、日本国内において科学的研究が盛んに行われ、高い医学治療として認められています。ただ、戦後は、アメリカ占領政策の医療制度改革により、東洋医学が衰退して行くのです。しかしながら、現在に至っては、東洋医学の効果が世界的にも認められ始め、日本国内でもその地位が復旧されています。日本の鍼灸治療は、質が高いと世界でも評判であり、世界が大いに関心を示している日本が誇れる技術でもあるのです。

Page Top